交通事故後 一番苦労する示談交渉

交通事故において、もっとも厄介な問題は示談交渉です。
損害賠償という、お金のことが明確に絡んでくるだけに、話し合いがこじれることも珍しくありません。
被害者と加害者がはっきりしているのなら、まだいいのですが、それさえ不明瞭だと混迷の一途をたどります。
とはいうものの、当事者だけで話し合うということは稀です。実際には、保険会社の担当者が交渉に当たることになります。
では、それでスムーズに行くかというと、残念ながら別の懸念が生じます。
相手はこうした場面に慣れているプロですので、有利に持っていく手立てに関しても実に優秀です。賠償金においても、保険会社が少なく見積もるケースが跡を絶ちません。
不当に少ない金額に抑えられては、今後の治療や社会復帰にも大きな支障が生じます。
では、交渉に長けた相手に対して、どのような方法をとるべきなのでしょうか。
もっとも有効な手段は、こちらも専門家の力を借りることに他なりません。中でも交通事故に強い弁護士こそ、真っ先に頼るべき存在です。
法律という動かしがたいものを基に交渉してくれますので、口八丁な相手でも対等以上に渡り合えます。その結果は、賠償金という形で歴然と現れるものです。
保険会社が少なく見積もる額より大きくなることがほとんどで、倍になることさえ考えられます。
弁護士への依頼費用を差し引いても、十分すぎるほど利益が出ますので、積極的に利用するべきです。
ただ、依頼するタイミングが遅れると、手遅れになってしまうことも少なくありません。
とくに示談が成立してしまえば、覆すのはほぼ不可能です。
普段から弁護士の連絡先などを把握しておき、即座に依頼できる準備を整えておきましょう。

親身にこちらの話をよく聞いてくれる弁護士もいますが、あまり話を聞いてくれない弁護士もいます。法的に適切な解決へ導いてくれる弁護士が最も良いと思うので、必ずしも話をすべて聞いてくれる弁護士が良い弁護士だとは言えないのですが、相性もあるていど考えたいところです。

初めのお話/次のお話/わたしの豆知識/